建築屋選び

家を建てようとするとまずどこの建築屋に建ててもらおうかと

考えるかと思います。

ハウスメーカー?工務店?

住宅展示場や完成見学会を色々見に行く?

設計事務所に図面を書いてもらって

施工会社を相見積もりして一番安いところで建ててもらう?

あとどんなパターンがあるかわからんけど

僕はどれもやってないです。

「よし、薪ストーブの為に家を建てよう」

と決意して、まずしたことは知り合いの大工さんに

「家建ててください」

と電話しただけです。

他の建築屋を一つも見てないです。

決め手になったのはポイントは

設計士、大工、現場監督をすべてひとりでやっているとゆうところでした。

設計士さんが図面を書いた家を文句言いながら建てている大工さんってのをちょいちょい見たことがあった。

「あっ、なんかこんな感じやといい家が出来ない気がする」

と思う事が多かった。

その点、一人でやってると「設計者の想い」にギャップがないし

実際造るときのことをイメージしながら図面を書く事が出来るので

「こんなんできるか」みたいなこともない。

またこちらの意志を伝えるのに

営業、設計士、現場監督、大工みたいに人間を挟まないので

コミュニケーションエラーもないやろし

疑問や質問にその場ですぐ答えられるスピード感もいいかと。

じっさい薪ストーブを設置してくれた家を建築中に

現場に入らしてもらいましたが整理整頓されてめっちゃ綺麗でした。

「一事が万事」

やはりこうゆう人は細かいところまで気が付いて仕事が丁寧で

信頼できるし安心して仕事をお願いできる。

さあそんな感じでベタ褒めしながらもったいぶってしまいましたが

僕が家を建ててもらうのにおねがいしたところは

「佐口建築製作」さん

でした。

結局、家なんてもんは

「どこに建ててもらうかよりも誰に建ててもらうか」

ってゆう事が大事かなと思いまして。